予防歯科プログラム
シーラント
シーラントは、奥歯の溝をむし歯から予防する方法です。
奥歯の溝をレジンといわれるプラスチックで物理的に封鎖することで口腔内の環境から遮断する方法、グラスアイオノマーといわれるセ メントで奥歯の溝を物理的に封鎖することに加え、シーラント材の中に含まれるフッ化物が再石灰化作用を促進する方法などがあります。最近は、レジンとグラスアイオノマーの両方の性質を併せ持ったシーラント材も開発されています。
むし歯予防効果に関してはすでに多くの調査があります。4年以上で約60%のむし歯予防効果が認められ、特に次のフッ化物歯面塗布との併用によりむし歯予防効果はさらに増加すると報告されています。
なお、一部のレジン系シーラント材に含まれるビスフェノールAの環境ホルモン様作用の危険性が1996年に指摘されました。しかし、その後の研究によって当時危惧されたような危険性は、現在調べうる限りではないとされています。
フッ化物歯面塗布
フッ化物歯面塗布は,比較的高濃度のフッ化物溶液やゲル(ジェル)を歯科医師、歯科衛生士が歯面に塗布する方法です。
フッ化物を塗る時期も「歯が生えたらすぐに」が原則ですが、歯科医師に相談してください。
また、フッ化物歯面塗布は、単に1回受けても効果は得られません。年2回以上定期的に継続して受ける必要があります。乳幼児に定期的に継続して実施した場合、むし歯をほぼ半分に減少させたとの報告があります。また、永久歯に対する予防効果については20~30%の報告が多いようです。
フッ化物を塗ると、歯が黒くなるという声もありますが、全くありません。歯が黒くなるのは、虫歯の進行を止めるために使うサホライド(フッ化ジアンミン銀)という液を使った場合です。
PMTC
専門家による徹底した歯面清掃をPMTC (Professional Mechanical Tooth Cleaning) といいます。
専用の機器とフッ化物入り研磨剤を使用して、歯みがきで落とせない歯石や磨き残したプラークを中心に、総ての歯面の清掃と研磨を行ない、バイオフィルムを破壊、歯面を滑沢にすることにより虫歯や歯周病になりにくい環境を整えます。
また、PTMCによって、歯質の強化だけでなく歯の着色を除去し、光沢のあるきれいな歯を 保つことができます。それに口臭予防効果もあります。
歯槽骨再生治療
中等度以上の歯周病は歯の周りの骨(歯槽骨)の吸収が起こっています。
この歯槽骨の吸収は、ほとんどの場合、歯周病が完治しても元の形には戻りません。この吸収した歯槽骨の形に添うように、歯肉が表面を覆っていますので、歯の表面が以前と比べ多く露出します。そのため歯が長くなったように見えてしまったり、歯が空いてしまったり、時には歯がしみるといった症状がでてくることがあります。
これは、歯槽骨に再生能力が無いわけではなく、歯肉の治癒能力のほうが、スピードが早いために起こってしまう現象です。
この歯槽骨の吸収してしまった部分に歯肉が入り込んで再生するのを阻止し、歯槽骨の再生を促すのが再生療法です。 再生療法には2つの方法があり、歯の周りにメンブレンという特殊な膜を張り、歯槽骨の吸収してしまった部分に歯肉が入り込むのを阻止し、歯周組織の再生を待つGTR法と、吸収してしまった部分に直接、歯周組織の再生を促すような薬剤を塗布するエムドゲイン法があります。
こちらでご紹介いたしました各プロクラムは、患者さんの状態やライフスタイルに合わせて当医院の医師と患者さんの相談によって選択されます。
各プログラムの料金・保険適用有無などの詳しい内容については、当院まで、お問合わせください。

ページトップへ△